3次元(3D)映像の規格

3次元(3D)映像の規格は色々ある

現在、3次元(3D)映像の規格は記録方式、伝送方式、表示方式それぞれの互換性(機器における方式相互の変換を含む)がバラバラなんです。少しずつ、統一への動きもあるようなので、これからに期待!ですね。それでは現在の3次元(3D)映像の規格にはどんなものがあるんでしょうか??

サイド・バイ・サイド方式

3次元(3D)映像&テレビなどでよく耳にする「サイドバイサイド方式」とは、「横並び」「お互いが並んでいる」という意味です。現在、日本の3次元(3D)テレビ放送やケーブルテレビのJ:COMもこの方式です。DVD、Blu-rayソフトでもこのサイド・バイ・サイドのMT方式が主流です。右目用映像信号の1フレームと左目用映像信号の1フレームの2つのフレームをそれぞれ水平方向に1/2に圧縮し、それらを横に並べて1枚のフレームとして送信する方式のことです。サイドバイサイド方式の映像を普通のテレビ(2Dテレビ)でみると、横方向に圧縮された(縦長)の映像が2個(右眼用、左眼用の各一個)横並びになって見えるだけですが、サイドバイサイド方式に対応した3次元(3D)テレビで見ると左右の映像を(フレームシーケンシャル方式の場合は)高速で交互に再生することで3次元(3D)映像として見えるのです。ただし、3DBlueRayでのフルハイビジョン3Dは、オーサリングなど、まだまだ簡単に出来る状況ではないので、サイドバイサイド方式がスグに作れる3d映像方式のメインとして使用されるのでは?な感じでしょうか。

デメリット

デメリットとしては、3次元(3D)映像に対応していない2Dテレビでの視聴が出来ません。平方向の解像度が1/2になってしまうので厳密にはフルハイビジョンの映像では無くなります。ただ、再生時の画質調整・補正が行われ各メーカーも方式に合わせた再生技術開発をしているので、目に見えて画質が落ちるというワケでもありません。

フレームシーケンシャル方式

最新の3Dテレビでは、基本的にこの方式が採用されています。左眼用・右眼用の映像を交互に再生し、その映像と同期して交互にレンズを開閉するアクティブシャッターメガネで見る方式のことです。上記で紹介したサイド・バイ・サイド方式は、左眼用・右眼用の映像をそれぞれ水平に半分に縮め、左右に映像を配置します。この方式は、3D放送で採用されています。解像度を落とさずにすむので、製造コストが低く、各社メーカーが採用しています。

トップ・アンド・ボトム方式 SENSIO 3D

サイドバイサイド方式が画面と右半分と左半分に画像を分割するのにたいして、このトップアンドボトム方式は画面の上半分と下半分に画像を分割する方式です 両方式ともハイビジョンの映像機器を結ぶHDMIケーブルの3Dに対応した規格「HDMI 1.4a」にて採用されています。

アナグリフ方式

アナグリフ方式とは、ステレオ(2つのレンズ)で撮影された2枚の画像又は動画を右目は青、左目は赤に着色加工し、赤青メガネを通して見る事により、手軽に立体感を得られる方式です。大勢の人でも見る事が出来る。メガネが軽く安価ですが、2色に限定される為、カラー画像、映像が作れない、長時間見ると目が疲れるといったデメリットがあります。

ライン・バイ・ライン方式

表示方式は偏光式に対応する3次元(3D)ディスプレイ。偏光フィルターをもちいたライン・バイ・ライン表示方式があります。ライン・バイ・ライン表示方式では、画面のラインごとに左眼用・右眼用の映像を表示します。(専用メガネが必要となります)しかしこの方法では解像度が半分となってしまい、フレームシーケンシャル方式ほどの高解像度を実現することが出来ません。インターレース方式とも呼ばれています。

Blu-ray3D

Blu-ray3Dは3次元(3D)映像用に拡張され、メニューや映像が3次元(3D)化できるようになっています。ブルーレイコンテンツについての規格を策定しているブルーレイディスクアソシエーション (BDA) が2009 年末に取りまとめたブルーレイにおける3次元(3D)映像コンテンツのことです。従来のブルーレイ再生機器の殆どはブルーレイ3Dを再生できないため、ブルーレイ3Dを再生できる機器に交換する必要があります。またパソコンのブルーレイ再生ソフトも同様にアップグレードが必要ですので、要注意。

家庭用の3次元(3D)映像の方式

家庭用の3次元(3D)映像の方式も色々あるんです。早く規格がすべて統一されると便利なんですけどね~。

パッシブ方式
メガネが軽く、メガネのコストもあまりかからないので、業務用のモニターなどにも使われています。1ラインおきに偏光フィルターを貼り、偏光フィルターメガネを通してその映像を見ることで、特定の映像のみがそれぞれの眼に届く仕組みです。アクティブ方式とは異なり、左右の映像が同時に表示できないといけないため、家庭用テレビのようなモニターでは画面の解像度を左右用に振り分ける必要があり、解像度が低くなります。韓国製や台湾製の液晶テレビには一部採用されているものもあります。
アクティブ方式
現在、国内で販売されている3次元(3D)テレビのほとんどにこの方式が採用されています。アクティブ方式とは、アクティブシャッター方式のメガネとフレーム・シーケンシャル方式のディスプレイを使った3次元(3D)方式で、劇場のXpanDと同じものです。ディスプレイに左右の画像を超高速で交互に表示し、メガネにはディスプレイと同期して左右のレンズを交互に目隠しする仕掛けが組み込まれています。右目用の画像と左目用の画像を高速に切り替えて表示し、それと同期してメガネが左右それぞれの視界を相互に遮ることで、視差を生み出します。フル解像度で表示することが出来るため画質の劣化がほとんどなく、切り替え速度が高速化したため「ちらつき」もかなり軽減されています。
裸眼3次元(3D)方式
裸眼3次元(3D)は、主にパララックスバリア方式とレンチキュラー方式が世界標準とされています。ネットワークに接続したディスプレイを使って映像や情報を発信するデジタルサイネージの分野にも用途が広がっています。メガネなしでの3次元(3D)映像を実現する裸眼3次元(3D)の技術には、コストや技術、解像度・明るさなどの課題が多く、リビングの大型テレビ等の大きさの実現には時間がかかりそうですが、個人用の小型モニターとして、ゲーム機や携帯電話、スマートフォンなどで、開発が進んでいます。

3次元(3D)映像の歴史

3次元(3D)映像の歴史をざっとまとめてみました。

1800年代の3次元(3D)映像の歴史

1900年代の3次元(3D)映像の歴史

2000年代の3次元(3D)映像の歴史

これからも3次元(3D)映像の歴史は進化していくことでしょう。楽しみですね!